Team

研究開発部長

Profile

京都大学農学部卒 元公認会計士

1979年生まれ。

曾祖父の代から代々、大学教授というアカデミックな家系に育つ。

京都大学農学部生産環境学科卒業後、フリーターをしながら、意識を覚醒させる音楽を探求するも挫折。

西表島の原生林での3ヶ月のサバイバル生活の後、公認会計士試験合格。

2006年よりPwCあらた監査法人等にて、上場企業監査、M&Aコンサル業務等に従事。

2010年、七沢賢治と出会い婿入り。以後、七沢研究所にて研究開発活動に従事し、様々なツール、システム、サウンド、学習プログラムそして、概念装置を開発。

LOGOSOLOGY研究会を主宰し、言語空間論、新社会創造論、思考技術、時空創造論等の概念装置を日々進化させることを使命としている。

趣味は、アウトドア。最近は、忙しすぎて、もっぱら自宅でアウトドア気分。


深沢孝之

顧問研究員

Profile

1965年山梨県生まれ。

1988年早稲田大学第一文学部哲学科心理学専修卒。

山梨県内の児童相談所、総合病院、精神病院等に心理職として勤務後、2012年心理臨床オフィス・ルーエ開設。他に小中学校のスクールカウンセラー、メンタルヘルス関係の研修講師など幅広く臨床活動を行っている。

2016年人間総合科学大学大学院心身健康科学科卒。

臨床心理士、臨床発達心理士、シニア・アドラーカウンセラー

専門は臨床心理学。特にアドラー心理学を中心に、ブリーフサイコセラピー、認知行動療法、催眠療法などを幅広く学び、実践している。

若き頃より東西の神秘思想、修行システムに関心を持ち、トランスパーソナル心理学や合気道、気功法、中国武術なども学ぶ。

現在、全日本柔拳連盟甲府支部長(気功法、太極拳、形意拳の稽古会)。

著書:『臨床アドラー心理学のすすめ』(共著、遠見書房)、『アドラー臨床心理学入門』(共著、アルテ)、『アドラー心理学によるスクールカウンセリング入門』(編著、アルテ)、『思春期・青年期支援のためのアドラー心理学入門』(編著、アルテ)、『ブレない自分のつくり方』(監修、PHP研究所)

渡邊 真輝子

研究員

Profile

Pittsburg State University Psychology, Substance Abuse Services 卒業

アメリカの大学で心理学を専攻。在学中、アルコール中毒患者の施設で、カウンセリングの研修を受ける。

卒業後、日本でコンサルティング関係の仕事に就く。

2012年より大手英会話スクール、株式会社アシストジャパンの海外営業部へ転身。

2014年より、教育ゲーム・アチーバスの開発者の専属通訳を務める。その後、カルチャースクールなどで英会話レッスンを提供。

2017年より七沢研究所にて、ロゴファーム事業、ふとまにの里プロジェクト、幼児教育事業、翻訳業務に携わり、現在、カウンセリング研究・開発を担当。



研究メンバーを募集しています。